HOMEサービスのご案内成長  兵庫式M&Aサポートシステム(事業継承サポート)

成長

兵庫式M&Aサポートシステム(事業継承サポート)

後継者をお探しの方!
新分野進出や業容拡大のため他社の買収をお考えの方!
商工会議所がお手伝いをします。

M&Aとは

直訳すれば、「会社の合併・買収」のことですが、簡単に言えば「企業同士のお見合い・結婚」のようなものです。
後継者問題や既存事業の拡大・新分野進出・企業体質強化等に有効な手段の一つです。

M&Aの流れ


兵庫式M&Aサポートシステムの特徴

成功しない限り費用はいただきません!

例えば、会社の売却を希望される場合、仲介業者(機関)は着手金を徴収するのが一般的ですが、当システムでは会員の皆様が利用しやすいよう着手金は原則不要としました(但し、東京等、遠方企業とのマッチングを希望される場合には着手金をいただく場合もあります)。

売上の小さな会社も歓迎!

神戸商工会議所とみなと銀行が提携することにより、収益性の面から民間のM&Aの仲介機関が単独で取り扱っていないような小さな案件にも対応できるようになりました。成約時の手数料も案件のサイズに応じて柔軟に対応しますので、企業規模にかかわらずお気軽にご相談下さい。
※利益相反の観点から、M&A助言契約は売り手または買い手一方のみと行います。

M&A特徴

  • 秘密厳守で対応しますので安心してご相談下さい。
  • 一部制限業種がありますので、詳しくは窓口へお問い合わせ下さい。
  • 面談の際には営業内容、資産負債状況がわかる資料をご持参下さい。

M&Aの種類

株式譲渡と営業譲渡

株式譲渡

<特徴>

  • 株式の売買により経営権を譲渡
  • 手続きは比較的簡単
  • 会社の負債・リスクは基本的に買手が引継ぐ
  • 売却資金は株主へ

<使い分け>

  • 最もよく使われる方法
  • 一般的に売手は株式譲渡を希望
  • 手間をかけずに資産・人材・商権・免許等を引き継ぎたい場合
  • 簿外債務・偶発債務の恐れがない・限定的と思われる場合
営業譲渡

<特徴>

  • ある事業に関する「営業」「資産」を一括して譲渡
  • 対象範囲は交渉により決められる
  • 基本的に簿外負債の引継はない
  • 譲渡代金は会社へ

<使い分け>

  • 対象会社の一部のみ引受けたい場合
  • 簿外債務・偶発債務のリスクが予想される場合
  • 営業を引継ぐための手続に支障がない場合
    (所轄官庁の許認可、顧客・債権者・従業員の同意等)

メリット

売り手側のメリット
  • 企業の存続発展(従業員の雇用維持・買手の経営資源を取込める)
  • コア事業への集中(ノンコア事業から経営資源を再投資できる)
  • 株主の経済的メリット
     ・個人保証・担保の解除(オーナー社長の重責からの開放)
     ・税務上のメリット(一般的に清算より手取りが多い)
買い手側のメリット
  • ゼロから事業を立ち上げるより早い(「時間を買う」効果)
  • 手に入らない資産・資源を獲得(特殊な商権・免許・人材・技術)
  • 収益見込みが立て易い(今までの業績がわかっている)
  • シナジー効果(「1+1=2以上」の効果)

お問い合わせ先

経営支援センター Tel.078-367-2010
shien-info@kobe-cci.or.jp

広告PR

神戸検診クリニック 株式会社アウトソーイングシステム

みなとコンサルティング株式会社

広告PRについて
神戸商工会議所の会員様なら誰でもご利用いただけるホームページの広告スペースです。神戸商工会議所公式サイトは毎日多くの神戸内外企業の方にアクセスいただいております。(詳しくはこちら